筋トレ後に起こる頭痛への対策・予防方法

ゆるい筋トレ

最近筋トレをやっていると偏頭痛のようなズキズキする頭痛が起きます。

『今日は体調いいし、頑張って追い込みたい!』時に限って頭痛が起こるので、気になって自分なりに調べてみました。

労作性頭痛というらしいですが、ネットで調べていると割と悩んでいる方は多いようです。

気分が乗っている時に頭痛とか、嫌になりますよね。

僕は1日中痛むので、筋トレやりすぎるのが怖いときがあります。

この記事でわかること

  • 労作性頭痛とは何なのか
  • 労作性頭痛の回避方法と対処法

この頭痛は個人差があるようなので、回避方法と対処法についてはあくまで僕の個人的な対処方法です。

同じ悩みを持つ人の参考になればうれしいです。

労作性頭痛って何?

労作性頭痛とは?

筋トレに限らず、いろんな競技だったり、重いものを持ったり運動時に起こる頭痛です。

40代以上の人に割と多いそうです。

痛みや痛む場所は個人差があるようです。

僕は筋トレの後半、あと少し追い込むか!て時にこめかみから脳天にかけてズキズキきます。

これマジで嫌です。

労作性頭痛の原因

はっきりとした原因は分かっていないようですが、

  • 脳の酸素不足
  • 脳血管の収縮
  • 体の水不足

などが考えられているそうです。

筋トレ後半は息を止めてりきむ事が多いので、酸素不足というのはなんとなくわかる気がします。

労作性頭痛の治療方法

労作性頭痛の治療方法や『こうすれば頭痛が起きないよ』的な情報は見つけきれませんでした。

原因が解明されていないので治療方法も分からないのでしょうね。

『労作性頭痛』とは坐骨神経痛と同じで病名ではなく症状のことなんだと思います。

労作性頭痛が起こらない対策

労作性頭痛を起こさない対策として

  • 運動前の動的ストレッチ
  • 運動前の水分補給
  • 運動時の呼吸を止めないこと

割と基本的なことですね(笑)

労作性頭痛の回避方法

首に力が入らないようにゆっくり深く呼吸する

筋トレ時は首に力が入らないように意識しています。

労作性頭痛が起こるときはやはり筋トレ終盤のラスト数回辺りです。

もうこれ以上できないけどあと数回やりたい!というタイミングです。

最後の数回は息を止めてリキみますよね。

その最後の首に力が入らないように意識しながら、呼吸を最優先してトレーニングすることです。

僕は首の力を抜く事で頭痛は減りました。

追い込まない

バキバキのトレーニー様には申し訳ない回答ですが、

僕は『これ以上やると頭痛になるかも』の前に終わらせます。

頭痛がしなければ数時間後トレーニングできるからです。

体調が良く、今日は大丈夫だろうと判断したら追い込みましょう!

日常的に規則正しくを心掛ける

個人的見解ですが、労作性頭痛は日常の生活の仕方にも左右されると思います。

日常的にストレッチをする、水をよく飲む、バランス良い食事を摂るなど

生活の質を意識していれば回避率は上がるはずです。

1年中規則正しくは難しいしつまらないのでたまに息抜きしましょう。

労作性頭痛が起こった時の対処法

これは鎮痛剤一択です(笑)

偏頭痛持ちの僕はロキソニンが欠かせません。

気圧の低い日や湿気の多い日も偏頭痛がします。

頭痛がするのはしょうがないので潔く鎮痛剤飲みます。

※飲みすぎ注意です。

まとめ

症状も人それぞれなのでどうしたら頭痛が出なくなるのかという正解は難しいです。

自分の場合、どうしたら頭痛が起こるかを分析していろいろ試してみるといいです。

本記事が目標を持って頑張っているトレーニーさん達に少しでも参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました